■ Abrex Skoda1000MB
64年に登場したシュコダ初のモノコックボディーとリアエンジンを採用した4ドアセダン。当時のヨーロッパでは1リッターセダンとしてルノー8やシムカなども同じ手法で造られていた。廉価もあってヨーロッパ特に旧東ドイツには6万台余りが輸出された。

Abrex製となるシュコダ1000MB。実車も珍しいですがミニチュアカーも同じで市場ではほぼ見かけない。チープ感はなくしっかりと造られています。お世辞にもいいデザインとは言えませんがレトロ感は満載ですね。カルト車が好みの方におすすめです。本体美品、パッケージは擦れがあります。


■販売価格:3,500円(送料・消費税込)