■Detail Cars BMW 3.0 CS 1971
1971年、2800CSでビッグシックス・エンジンによるグラントゥーリズモを確立したBMWは更なる動力性能を得るために2,985ccエンジンを載せコードネームE9、BMW3.0CSとして発表した。デザインはベルトーネのチーフデザイナー、マルチェロ・ガンディーニが担当している。キャブレターはゼニス・ストロンバーグ・キャブレターを2基、圧縮比は9.0:1と2800CSと同様ではあるが、出力は180hp/6,000rpm、26.0kg-m/3,700rpmを発生させており、これも2800CSと同じギアレシオのトランスミッションを載せて4速M/Tでは213km/hを3速A/Tでは209km/hをマークしている。

Detail Cars製となるBMW3.0CSで、画像でもお分かりだと思いますが、これがなかなかの出来栄えなのです。当時、世界一美しいクーペといわれたスタイルを特とご堪能あれ。本体、パッケージとも美品です。絶版希少モデル。


■販売価格:4,000円(送料・消費税込)