■ ixo CITROEN CX Berline Pallas 1976
1974年、名車DSの後継モデルとしてデビューしたシトロエンのフラッグ・シップ・モデル。CXは「純血」シトロエンとしては最後のモデルとなった。車名のCXは空気抵抗係数のCxから取られており、その名前の通り、優れた空力性能を有した。インテリアにも独自の機構が盛り込まれ、初期モデルはボビン式メーターやウインカーやライト、ワイパー、ホーンのスイッチ類をメータークラスターに集中配置したクラスタースイッチが採用され、ハイドロニューマチックの乗り心地は素晴らしく長距離も苦にならないものであった。

ixo製となるCX Pallas。新しいモデルという事もありディテールに関しては文句の付けようがなく、エクステリア、インテリアとも素晴らしい造りです。本体、パッケージとも新品同様です。


■販売価格:2,000円(送料・消費税込)