■ MINICHAMPS PEUGEOT 404 Cabriolet
203や403と同じように404にも2ドアのパーソナルモデルが設定されている。まず1962年にカブリオレが登場し翌年には403には存在しなかったクーペも復活した。ボディのデザインはもちろんピニンファリーナでホイールベースはセダンと共通ながらボディはフロントマスクを除き独自のデザインとなっておりドアの後ろでキックアップしたウェストラインや斜めに寝かされたリアコンビネーションランプなどでエレガントなイメージを醸し出していた。ちなみにこのボディは製作もピニンファリーナが担当している。エンジンは1600ccのガソリンのみで性格の違いをアピールしていた。68年に次世代モデルの504がデビューするとそれをベースとしたクーペ/カブリオレにバトンを渡す形で現役を退いている。

MINICHAMPS製となる404カブリオレ。実車の画像そのままの造りは溜息ものです。ピニンファリーナのさりげなく優美なデザインは素晴らしい。本体、パッケージとも新品同様です。


■販売価格:5,000円(送料・消費税込)