■ SCHUCO PORSCHE356A Carrera Caracas1958
1950年、フォルクスワーゲン用をモディファイした1100ccエンジンを搭載して本格的量産をスタートした356だが、51年には高性能な上級モデルとして専用エンジンを搭載する1300と1500が追加された。パワーユニットは、フラット4というレイアウトは踏襲するものの実質的には全くの新設計で、シリンダーブロックはVWや356-1100時代の鋳鉄から、ボアにクロームメッキを施した軽合金製にランクアップされる。クランクシャフトのビッグエンドはローラーベアリングで支持され、従ってクランクは有名なヒルト製の組立式とされた。パワー、トルクは1300で44PS/4200rpm、8.25kgm/2800rpm、1500で60PS/5000rpm、10.4kgm/3000rpm。マキシマムスピードはそれぞれ145km/h、160km/hと、当時の1.3/1.5リッタークラスのスポーツカーとしては満足すべきデータをマークした。

シュコー製となる356Aカレラ。その造りは随所にエッチングパーツを使用し量産モデルとしてはトップクラスの仕上がりを見せます。本体美品。パッケージは擦れがあります。


■販売価格:4,000円(送料・消費税込)