■ VITESSE VOLKSWAGEN 1200 CARRERA PANAMERICANA 1954
第二次世界大戦の復興で、ラリー競技が各地で再開された時代には、小排気量ながら軽量で、悪路での酷使にも耐えるぬきんでた耐久性(そしてこれを損なわない良好な整備性)によって、しばしば上位入賞する侮れない存在であった。1953年、1954年、1962年と3度も過酷なサファリラリーを制している。 当時は1.2Lエンジンであったが、1970年代、1303Sとなり1.6Lエンジン、ポルシェ・914の5速ギヤボックスがおごられると、1973年のアクロポリス・ラリーで優勝したジャン=ピエール・ニコラの駆るアルピーヌ・A110をトニー・フォールの1303Sが追い回す場面も見受けられ、後にフォールは「登りは非力さを痛感するが、下りはこっちのもの。常にシフトアップが可能なマシンだった」と語っている。

VITESSE製となるワーゲン・ビートル。1954年のCARRERA PANAMERICANA仕様車。ビテス製のワーゲンは多数のバリエーションが存在しますが、その中でも人気のモデル。本体、ケースとも新品同様です。


■販売価格:4,500円(送料・消費税込)